EN  /  JP

田中 愛弓
ニューヨークを拠点に活動する。
2003年に大阪芸術大学を卒業し美術学士を取得後、2010年にニューヨークの国際写真センターにて学ぶ。
”記憶”をテーマにプライベートな写真やインターネットからダウンロードした写真などを用し、立体的なコラージュを施したジオラマから写真作品を制作してる。

彼女の作品は、United Photo Industries Gallery(ニューヨーク)、Tokyo Institute of Photography(東京)、25 CPW Gallery(ニューヨーク)、Pictura Gallery(ブルーミントン / インディアナ州)、Dumbo Arts Festival 2011 in NY(ニューヨーク)、LOOK3 festival of the Photographs 2012(シャーロッツビル / ヴァージニア州)、Athens Photo Festival 2015(アテネ / ギリシャ)など国際的に発表されている。
そして、ニューヨークタイムズ、Blow Photo(アイルランド)、PHat Photo(日本)、Lettre International(ベルリン)、LensCulture(パリ)、GUP Magazine(アムステルダム)、Featureshoot(ニューヨーク)など多数のメディアで紹介されている。

International Center of Photography Director Fellowship(ニューヨーク / 2010年)、Tokyo International Photography Competition(東京 / ニューヨーク / 2013年)でグランプリ、Photolucida Critical Mass Top 50(米国 / 2014年)、そしてアメリカの国際コンペティション Feature Shoot Emerging Photography Award 2014(ニューヨーク / 2015年)、PDN’s 30 2016 New and Emerging Photographer to watch(米国 / 2016年)、New York Art Foundation Fellowship 2016(ニューヨーク / 2016年)を受賞。

CV(PDF / 英語)